がん保険に加入しておくと自己負担治療も安心

現在、日本人の死因の1位は悪性新生物となっています。悪性新生物とは「がん」を指します。がんは身近な病気になってきましたが、全体の3割近くががんにより亡くなっていると聞くと他人事ではなくなってくるでしょう。
そして、生涯の内、がんと診断される人の割合は男性は6割、女性は4割を超えています。
これだけがんと診断される人が多くなってきたのに伴い、がん保険に加入される方が増加しています。

がんは治せる時代になってきました。診断時から5年後の生存率もとても高く、以前ほどがんを恐れる必要はなくなっています。
がん治療は他の病気と比べて治療方法は複数ありますが、その分自己負担となり費用が高くなる場合も多くあります。その為、がん専用の保険に加入しておくと安心でしょう。

がん保険では基本的に4つの給付金が共通してあります。診断された時点で受け取れるがん診断給付金、がんで入院した時に入院日数分受け取れるがん入院給付金、がんの手術をした時に受け取れるがん手術給付金、がんが原因で死亡した時に受け取れるがん死亡給付金です。

最近では各保険会社により通院時や退院時などに受け取れる給付金が付いている場合もあります。
がん保険の加入を考えている方は、自分の生活習慣や家族構成などを考えた上で自分に必要ながん保険を選ぶようにしましょう。

PAGETOP