がん保険選びの大切なポイント

がん保険は三大疾病の一つである「がん」に対する保障に重点を置いた保険ですが、ひとことでがん保険と言っても保険会社によって様々です。
そこで、選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

がんの治療には公的医療保険が適用される標準治療と、保険が適用されない先進医療があります。この先進医療は高度な医療技術を用いた治療のことで、厚生労働省によって定められています。将来的には公的医療保険の適用が検討されているのものの、現時点では公的医療保険適用外の治療になるので医療費は全額自己負担となります。そのため先進医療は費用が高額になりがちです。
がん保険選びのポイントの一つとして、この先進医療の技術費に対する保障の有無が挙げられます。

また、通院治療の保障もがん保険を選ぶうえでポイントとなります。
近年は医療技術が進歩したことで抗がん剤や放射線による治療を通院だけで受けることができるようになりました。そのため通院給付金が含まれる保険の場合、入院実績によって保障内容が変わってきます。
入院をしなくても通院保障が受けられる保険もあるので確認をしましょう。

がん保険で万が一に備えることは大切ですが、特約などで保障内容を充実させると保険料も割高になります。
保険料の金額や保障の必要性などをしっかりと考えてがん保険を選びましょう。

PAGETOP